少年の日の思い出

ポケットで潰れたウルガモス

自己紹介

@sakyuu_poke

  はじめまして、らまと申します。

 

住み:福岡

食べ物:宮崎名物の辛麺が好きです。

f:id:Diorama:20191230025007j:image

上の画像は大学近くの辛麺屋さんの麻婆辛麺。

人生観変わるほど美味しいので福岡きたら是非食べましょう^_^

 

カフェイン中毒なのでコーヒー好きです。最近買ったシロカの全自動のコーヒーメーカーがおきにいりです。

 

 

 

ポケモンは幼稚園の時にサファイアを買ってもらってからずっとやってます、3値に触れたのが5世代のbw2くらいからでレートは6世代の時に少しだけ触ってて本格的に始めたのはSMのS3くらいからです。

 

 

(戦績)

・7世代

レーティング

s7) 2121

s9) 2142

s10) 2119

s12) 2147

s14) 2163

・きゅーぽけオフ2017夏の陣 優勝

・第4回真皇杯九州予選 準優勝

・第4回真皇杯 本戦  ベスト6

 

・8世代

ランクマッチ

S3) 2146  最終45位

S5) 2118  最終46位

S6) 2138 最終36位、37位

・第19回神速オフ優勝

 

最終40位前後うろちょろマンなのでもうちょっと頑張ります🤏

 

ブログは構築記事メインで遠征した際にはオフレポなんかも上げたいと思っていますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

剣盾S6 最終36位 古風ギャラカビガルド

f:id:Diorama:20200524025725j:image

 

f:id:Diorama:20200531012810j:image

 

こんにちは、らまです。バンドリ+サザンガルドの見た目がカッコよくていい感じの構築が出来たので記事を書かせてもらいました。

 

今構築のベース↓

http://diorama.hatenablog.com/entry/2020/05/01/120647

 

(DM=ダイマックス)

 

 

(構築経緯)

ギャラドスギルガルドカビゴン +()

 8世代に入ってギャラドス+ギルガルド+カビゴンの軸にドリュウズを添えた4体は毎シーズン固定で使用していて、ドラパミミカビ@3に有利を取れること、TODの勝ち筋を追いやすいこと、使い慣れていることなどから構築の始点とした。

 

バンギラス

 前期の構築記事でいろはさんが似たような並びでステルスロック+ドリュウズをベースに組まれていたのでそれを参考にさせてもらった。

 ステルスロック+ドリュウズを通していきたいのは主にラプラス+ホルード+ミミッキュのような対面構築である。このような構築に対しては先発をギャラドスからスタートしたいが相手が先発にラプラスを置いた場合引き先がいないことが課題だった。

 よってラプラスに後出しでき、ステロを播きつつ仕事ができるポケモンを考えた。そこで、バークアウトを持った"HSステロバンギラス"を次に採用した。バンドリの並びをつくることができ見栄えがいい。

 

 

サザンドラ

  最後の枠には特殊での崩しが欲しかったためマジカルフレイム持ちの”メガネトゲキッス”を使用していて使用感はよかったが致命的にドリュウズが重いのが課題だった。

 そのため、ドリュウズにある程度は有利、キッス同様に特殊で瞬間火力を出すことができ、ステルスロックと組み合わせることで多くのサイクルを崩せ環境に刺さっていると感じていた"メガネサザンドラ"を採用した。サザンガルドの並びを作ることができ見栄えがいい。

 

 

(コンセプト)

・でんじは+ギルガルドの嵌め

 

ステルスロック+ドリュウズのスイープorメガネサザンドラでの崩し

 

TODの勝ち筋を逃さない

 

 

バンギラス@オボンのみ

f:id:Diorama:20200525130242g:plain 

穏やか h252 d4 s252

バークアウト/かえんほうしゃ/でんじは/ステルスロック

 

 ラプラスを意識したステロ撒きであり、相手視点でラプラスがDMを切り得る相手(ドリュウズとかギャラドス)からこのポケモンに引くことでDM枯らし、ステロ撒き、バークアウトによる後続補助の全て行える。

 

 イカサマやほえるも採用したかったがナットレイに対しての殺意から除草剤としてかえんほうしゃを採用。エルフーンへの起点回避としても機能する。

 

(追記)

ほえる覚えません、エアプばれました。

 

 

ドリュウズ@こだわりスカーフ

f:id:Diorama:20200415232656g:plain

陽気 a252 s252
じしん/アイアンヘッド/かわらわり/ステルスロック

 

 DMとの親和性が高い上にDMしなくても強いポケモン。アーマーガアやギャラドス入り以外にはステルスロックを撒いて数サイクル回した後このポケモンでスイープするのが理想の動き。

 

 最終盤にステルスロックの枠を鈍いカビゴンやタラプアーマーガアへの御守りとして"きんぞくおん"に変えようかと本気で考察したが流石に理性が勝った。

 

 

 

サザンドラ@こだわりメガネ

f:id:Diorama:20200229010150g:plain

 臆病 h4 c252 s252
あくのはどう/流星群/ラスターカノン/とんぼがえり

 

 

 瞬間火力意識でメガネ型で採用。メインウエポンのあくのはどうの一貫が凄まじいため、有利対面では不用意に裏読みする必要なく、安定した高打点で上振れを狙えるあくのはどうを押せるのはメガネ型の強みだと思っている。

 

 ロトム+ナットレイのようなサイクル系統のptが多く、それらに対してステロ+一致技連打で容易に崩すことができるため、環境がサイクル比重になればなるほど追い風なポケモンであり、周りの評価と反するが現環境で相当刺さっていると感じた。

 

  

ギャラドス@ラムのみ

f:id:Diorama:20200229010306g:plain

意地っ張り h68 a180 b4 d4 s252

たきのぼり/とびはねる/パワーウィップ/でんじは

・ダイジェットで無振りヒヒダルマを確定

トゲキッス意識で準速

 

 8世代で使い続けている電磁波+3ウエポンで採用。カバルドン+水ロトムホルード+ラプラスのように草技の一貫がとれる並びが多く見受けられたためパワーウィップを採用。

 

 環境のいかくギャラドスのトレンドが挑発+龍舞であったのも追い風であり相手の型の誤認で拾える試合も多かった。

 

 

 

ギルガルド@たべのこし

f:id:Diorama:20200229010235g:plain

控え目 h252 b60 c156 d4 s36
シャドーボール/ラスターカノン/キンシ/みがわり

・麻痺したミミッキュ抜き

 

 ギャラドスとの補完には目を見張るものがありこの2匹でヒヒダルマカビゴンといった型の読み辛い相手に対しても型を判別しながらほぼ全対応できる。

 

 気持ちBに振ることでブレード状態であくびカビゴンのヘビーボンバーやナットレイのジャイロボールを低乱数ながら耐えたりできるのでそれらに対してのキングシールドの択においてブレードフォルムでのみがわりが逃げの一手になり個人的には好み。

 

 

 

カビゴン@バンジのみ

f:id:Diorama:20200229010331g:plain

✳︎キョダイマックス
腕白 h252 b252 s4
からげんき/ヘビーボンバー/鈍い/リサイクル

 

 サザンドラ採用に伴って構築単位でフェアリーに対してケアする必要があったこと、アッキ剣舞ミミッキュの増加に伴いDDラリアット→ヘビーボンバーに変更。鈍いカビゴンが数を増やしていたように感じたためDDラリアットは切りたく無かったもの、変更にともなう恩恵の方が高かったと感じられた。

 

結果)

TN  エクリュ   最終36位 rate2138

TN  I'm a ghost.  最終37位 rate 2138

 両方最終戦特攻して負けたので最高レートは両方2157〜2159くらいだと思います。

 

 

〜感想〜

(語りなので飛ばしてOK)

  最終日前日の段階で2ロムで2位と3位をキープできており構築の手応えはあった。終了30分前で18位と19位の2ロムで特攻を行なったものの、1つは一生擦られるレベルのとんでもないなめくじプレミをして負け、もう1つは普通にフルボッコにされ目標とは遠い順位で終わってしまった。メンタルの弱さや詰めの甘さが露呈してしまったので次潜るシーズンはそこらへんも含めて頑張りたいと思いました。

 

 色々語りましたが7世代から最終日に保存せずに特攻したのはじめてだったので楽しかったです、また会いましょー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 剣盾S5最終46位】対面ギャラカビガルド

f:id:Diorama:20200501035731j:plain


 

DM=ダイマックス

 

(構築経緯)

http://diorama.hatenablog.com/entry/2020/03/01/151319

   S3で使用した構築をベースに考え始めた。この構築の電磁波ギャラドス+ギルガルドの並びでギャラドスの初手DMで荒らし、DMを消費した後の電磁波による起点回避&ギルガルドの起点作成の動きが特に強かったためこの2匹を主軸に置くことに決めた。

  S3にはいなかったキョダイラプラスが非常に重いためサザンドラの枠を色んなポケモンを試したが、最終的にパッチラゴンに変更。それにより構築全体が鈍足になったためドリュウズにスカーフを渡して構築が完成。

 

 

 

(コンセプト)

・初手DMで数的有利を取りトリルミミッキュで切り返しラス1で詰める

 

・状態異常+カビゴンの詰め

 

 

ギャラドス@いのちのたま

f:id:Diorama:20200229010306g:plain

意地っ張り h132 a252 b4 d20 s100 
たきのぼり/飛び跳ねる/アイアンヘッド/電磁波

 

調整意図:忘れた

 特性を自信過剰→威嚇とすることで抜き性能を放棄しタイマン性能とサイクルパーツとしての性能を高めた。
 ダイウォール用の媒体技は電磁波を採用。DMを切らした後の起点回避や後続のギルガルドとのシナジーが抜群。アイアンヘッドダイマックス時の追加効果のB +1が強力で、DMターンが終了した後に行動保証が得られる機会が多く電磁波を撒きやすくなる。

 最終日だけラム→いのちのたまに変更。一長一短あるが珠ダイスチルでアッキ発動後のほとんどのHAミミッキュを落とせるのは特に強かった。

 

 

 

ギルガルド@たべのこし

f:id:Diorama:20200229010235g:plain


控え目 h252 b60 c156 d4 s36
シャドーボール/ラスターカノン/キンシ/身代わり

 

・A無振りナットレイのA-1はたき落とすを身代わりがシールドフォルムで最高乱数以外耐え

・ミラー意識かつ麻痺したサザンドラ抜き



 優秀な耐性を活かしたサイクルパーツ兼TOD要員。ギャラドスの威嚇、電磁波が身代わり+守るとの相性が抜群に良い。
 構築単位で考えるとカビゴンに相当有利を取れるポケモンである。あくび+守るのようなカビゴンは元々ギルガルドに打点がないことが多く身代わりでハメやすい。ヒートスタンプやddラリアットで打点を取れる型に対しても裏で威嚇や麻痺や火傷などの状態異常を絡めることで身代わり+キングシールドである程度有利択を仕掛けることができる。

 

 

 

カビゴン@フィラのみ

f:id:Diorama:20200229010331g:plain

✳︎キョダイマックス

腕白 h252  b252  s4

からげんき/DDラリアット/鈍い/リサイクル

 

 クッション兼詰め要員。鈍いカビゴンミラーで不毛な積み合いが頻発することが課題だったが、後続で相手のカビゴンに麻痺or火傷を撒く+DDラリアットを採用と重なることで有利に立ち回ることができた。

 

 

 

 パッチラゴン@きあいの襷

f:id:Diorama:20200501035418p:plain

陽気  h4 a252 s252

電撃くちばし/げきりん/炎の牙/燕返し

ナットレイだったりフルアタピクシーだったりコロコロ変えていたが最終日はこいつになった。要検討枠。技打つたびに8割つきまとうパチンコポケモンなのでバチンウニの方がよっぽど強いです。

 

 

 

ドリュウズ@こだわりスカーフ

 

f:id:Diorama:20200229010442g:plain

意地っ張り a252 s252

じしん/アイアンヘッド/かわらわり/剣舞

 

 構築全体で足が遅いためスイーパーになれるスカーフ型で採用した。ウエポン3つ全てDM時の親和性があり積み技として使えるためDMで積んだ後にスカーフでさらに上から相手を叩けるのが強い。

 かわらわりは副産物として壁展開やラプラスに若干強くなる。剣舞はDM時のダイウォールの媒体技として、受け回しの崩し手段として採用。

 

 

 

ミミッキュ@広角レンズ

f:id:Diorama:20200229010352g:plain

 

腕白 h252 b252 d4

じゃれつく/鬼火/呪い/トリックルーム

 

 影打ちを切った関係上Aに振る必要はないと考えHBに振り切り。広角レンズは一考の余地はあったが、鬼火が裏のカビゴンギルガルドとのシナジーにより当てた時のリターンが非常に大きく、鬼火の命中が勝率に直結すると考え続投した。ストレスフリーのじゃれつくは強い。

 

 

 

基本選出

1.ギャラドス+ギルガルド+カビゴン

 ギャラドスで初手でDMを切り荒らした後に電磁波で起点回避し、ギルガルドのTODor鈍いカビゴンで詰める。耐性、数値が優秀でサイクルもでき1番強力な選出。

 

2.ギャラドス+ミミッキュ@1

 上記同様初手ギャラドスでDMを切り荒らし、相手の DMはミミッキュで流す。ラス1でガルドでのTODカビゴンでの詰ませ、ドリュウズでスイープを狙う。機械的に勝てる選出だが今期はサイクル系の構築が多かったためあまりしなかった。

 

結果

tn エクリュ 最終46位

 MetalSpin  最終 爆発四散

 

f:id:Diorama:20200501111002j:image

 

もとみーーーやカップ優勝

f:id:Diorama:20200502155545j:image

(シーズン中盤だったため型は若干違う)

 

感想

コロナ情勢で最終日まで時間はいつもよりかなりあったにも関わらず構築のラス1(パッチラゴン)の枠が考察不足で不安感が拭えなかったため、最終日は3勝1敗で最終2桁がとれるラインで保存した。ギャラドス+ギルガルド+カビゴンの並びは多くの相手に戦える誤魔化し性能が高い並びであり次ポケモンモチベが湧いたシーズンではさらに考察していきたい。

 

 

 

 

 

 

S3 最終45位 第19回神速オフ優勝/就活サザンガルド

f:id:Diorama:20200301072531j:image

 

  

(個別解説)

 

サザンドラ@こだわりスカーフ

f:id:Diorama:20200229010150g:plain

臆病 h4  c252  s252

あくのはどう/流星群/ラスターカノン/とんぼがえり

 

 持ち物は構築全体で足が遅いため、初手投げしやすいかつ終盤スイーパーになりやすいスカーフにした。

 とんぼがえりの枠は炎技が採用されることが多いが、構築単位でミミッキュが重いため偶発対面で素引きの選択をとらなくていいように採用。

 

 

 

ギルガルド@たべのこし

f:id:Diorama:20200229010235g:plain

図太い h252 b76 c156 d4 s20

シャドーボール/ラスターカノン/キンシ/身代わり

 

 総合時間が20分に伸びたものの膠着した試合や対受け回しでのTODは有効だったのでみがまも型で採用。調整は陽気スカーフダルマのフレアドライブ確定耐え、個人的にギルガルドはB振りが好き。

 s20振りでも同族に抜かれたり、同速が発生したためbかcを削ってsに回すべきだった。

 

 

 

ギャラドス@いのちのたま

f:id:Diorama:20200229010306g:plain

陽気 h4  a252  s252

たきのぼり/飛び跳ねる/地震/電磁波

 

 初手で投げる機会が多く、有利対面が取れたとき相手のギャラドス受けが裏にいる場合、ダイマックスを切るかどうかの択になってしまうことが多くあった。そのためそれらの状況での中間択になりうる電磁波をダイウォール用の補助技として採用した。

 ギャラドスに後投げされるナットレイ、アーマーガア、ドヒドイデなどに対して電磁波は軒並みささり裏のギルガルドなどでハメやすくなるため構築単位でシナジーが噛み合っていた。

 

 

 

 

 

カビゴン@フィラのみ

✳︎キョダイマックス

f:id:Diorama:20200229010331g:plain

意地っ張り h252  b252  s4

からげんき/地震/鈍い/リサイクル

 

 8世代でも最強のおデブ。主にラス1に置いてミミッキュのトリルから繋いで鈍いで詰ませる。構築単位でドラパルトが重く一応のクッションにできるようにHBにしリサイクルも採用。

 シーズン終盤は鈍いカビゴンが増えていたため、よくラス1カビゴンミラーで鈍いを6段階積みあって急所を隠して殴り合う最強おデブ決定戦が頻発した。

 

 

 

ミミッキュ@広角レンズ

f:id:Diorama:20200229010352g:plain

腕白h252 b252 d4

じゃれつく/鬼火/呪い/トリックルーム

 

 後発に置いて相手のダイマックスを枯らしてトリル呪いでカビゴンに繋ぐ。 

 ほとんどの試合で後発に置いて切り返し要員として使ったが、ptで物理5〜6枚といった構築もザラにあったためそのような構築には初手から出して鬼火からスタートすることもあった。

 特別持たせたい持ち物が無かったため鬼火外しの事故防止で広角レンズを持たせているが一考の余地はある。

 

 

 

(最終日3日前から使用)

ドリュウズ@きあいのタスキ

陽気a252 b4 s252

f:id:Diorama:20200229010442g:plain

地震/アイアンヘッド/岩石封じ/つのドリル

 

 カバルドンから変更した枠。トゲキッスが致命的に重く、ロトムに強い電気の一貫切りとしてドリュウズを採用、対面選出がしやすいように持ち物はきあいのタスキにした。

 数は少なかったが純正受けループが構築的に非常に重く、つのドリルを採用しギルガルドTODと合わせることで3〜4割はそれらの構築相手に拾うことができた。

 

 

 

(神速オフ及び最終日3日前まで使用)

カバルドン@フィラのみ

f:id:Diorama:20200229010522g:plain

腕白h252 b252 d4

地震/欠伸/ステルスロック/吹き飛ばし

 

 

 全く出さなかったので後にドリュウズへ変更、重くなった相手のドラパルトのケアはカビゴンのヘビーボンバー→リサイクルとすることで誤魔化した。

 

 

 

基本選出

初手ダイマックス要員+ミミッキュ+カビゴン

  

 多くの場合で初手でダイマックスを切り1.5体以上持っていったあと、相手のダイマックスはミミッキュのトリル呪いで枯らしてカビゴンに繋ぐ。

 カビゴンダイマックスを切らなくても十分な性能があり、初手で他のポケモンダイマックスを切っても腐りにくいのが強かった(当然ダイマックスしても強い)。

 初手ダイマックス要員はほとんどの場合サザンドラ、次点でギャラドス

 

 

結果

f:id:Diorama:20200301074628j:image

・最高2位 (2/28  23:30更新)

 

 

 

f:id:Diorama:20200301150024j:image

・最終45位

 

・第19回神速オフ優勝(約70人規模)

f:id:Diorama:20200319225113j:image

 

 

 

(順位推移)

来季以降潜る方の参考になれば幸いです。

2/28  23:30  2位

2/29  17:37  6位

3/1    00:40  28位

ここから数戦潜った後

3/1    06:11  42位

    08:30  43位

    08:59  47位

         最終 45位

 

 

(後書き)

  剣盾発売以降初めて最終日に潜りましたがやはり楽しかったです。7世代ほどポケモンに割くことができる時間のリソースが多くなかったため考察時間も少なく不安でしたが、その分気持ち的な余裕はあり終盤は落ち着いて楽しくポケモンができました。来季以降もこれくらいの心持ちでのんびりランクマに潜れれば良いと思っています。

 

構築について質問などあれば@sakyuu_pokeまで

 

p.s 就活するかは諸説です

 

 

 

【S14最高最終2163 最終11位】汎用対応マンダポリ2

f:id:Diorama:20190319011000p:image

↑サムネ用

 

f:id:Diorama:20190316033806j:image

構築経緯

  両刀マンダ+HDトリルポリゴン2+ミズZカプ・レヒレの基本選出がリザードンxy,ボーマンダに対して隙を見せにくく強力に感じたこと、また単体でみてもサイクル駒として汎用性が高いためこの3体からスタート。

  いつも使っている鬼羽ガモスは使いたいので確定。

  メタグロスの受け出しができる駒がいないため、1〜2回は受けだしできて崩しも担うことができる剣舞ガルドを採用。

  最後にギャラドスバンギラスを筆頭とした積みアタッカーへのストッパーとなり、Dに振ることである程度電気、水に対してサイクルを回せるスカーフDSカミツルギを採用。

  

 

型解説

メガボーマンダ@メガストーン

無邪気 H4 A252 S252

恩返し/地震/流星群/身代わり

  身代わりはリザの型判定のコスト、有利対面の中間択など、読みを軽減させ様々な勝ち筋を生むことができる。

   C無振りでもリザxは勿論のこと、ボーマンダも今期は意地ASや特殊、両刀などの耐久値が低い個体ばかりだったので流星群で落とすことができた。

 個人的にだが今期の舞わないマンダは最速安定だったんじゃないかと思う。

 

 

ポリゴン2@進化の奇石

生意気 H252 D252

恩返し/冷凍ビーム/自己再生/トリックルーム

 この構築の心臓的ポケモン

 トリルを採用することで有象無象の局面で対応ができ、見えない勝ち筋を生むことができる。俗に言われる受け攻めスイッチポケモンと言っていいかもしれない。

 努力値はただの振り間違え。  

 

 

カプ・レヒレ@水z

控えめ H108 C212 S188

ハイドロポンプ/ムーンフォース/瞑想/はたき落とす

   おしゃれポイントとしてはたきおとすを採用。2ウエポンでも広い範囲をとれること、Zによる高火力で元々のスペックも高いためはたきおとすを採用してもほぼ汎用性が落ちないのが強い。

  カビゴン入りに柔軟に選出できるのが強く、環境にぶっ刺さっていた。

  

 

カミツルギ@こだわりスカーフ

意地っ張り H68 D252 S188(調整はるどるふさんのものをお借りしました)

リーフブレード/スマートホーン/はたきおとす/ギロチン

  序盤から出してはたきおとすで荒らしていったり、終盤の潰し、掃除を行なったりする。

  スカーフギロチンはセミ受けループや毎シーズン上位にいる固定軸の受け回し使いの人にぶん回していける。

  

 

ギルガルド@ゴーストZ

陽気 H4 A252 S252

シャドークロー/影打ち/聖なる剣/剣舞

  最速のゴーストZ。Sに甘えたバンギラスヒードラングライオンなどその他有象無象に奇襲していく。最速であるものの状況によってはトリルエースとしての活躍もできる。

  ミストフィールド下で動かすことにより受け回し構築に対しての崩しになる。

 

@マゴのみ

臆病 H244 B172 C4 D68 S20

火炎放射/蝶舞/鬼火/羽休め

  サイクル、詰ませ、全抜き全てできるハイブリットポケモン。本来の3ウエポンのような型を止めてくるポケモンに逆に有利なのが鬼羽の強み。

  ずっと使い続けてる故に背中が頼もしい。

  

 

 

結果

プルオーバー 最高2141最終2123

pullover        最高2152最終2110

Nighthawks  最高2163最終2163 (最終11位)

S14最速2100達成↓

f:id:Diorama:20190319013138p:image

↓最高レート時

f:id:Diorama:20190402131649j:image

感想

  最速2100の達成、最高レート更新など過去できないことができたシーズンでした。かなり早くに3ロム2100に乗せて最終日のスタートでもその状態を維持することができました。結果も残せて今期は満足です。

 恐らく来季はレート自体はここまでインフレすることはないと思いますし最終1ページ目を目標にして行けたらと思います。

 

 

specialthanks

・レヒレを貸してくれた同期

  →最終日はほとんどドロポンを外さなかった。自覚ある個体をありがとう。

 

・通話してくれた方々

→最速2100を目指すモチベなどを頂きました。この場をもってお礼を言わせてもらいます。ありがとうございました。

 

・最終日2日前に上振れ祈願しに行った能古島の神社⛩

→行ったその日にカミツルギが3連ギロチンをしました。

 

 質問等ございましたら@pullover1206までお願いします。

 

 

【S14 中盤使用】 硬骨魚類とポリグライ

f:id:Diorama:20190316140737j:image

↑サムネ用

中盤3ロム2000達成(最高2033)。決して弱いパーティではありませんでしたが(中身超弱そうだけど)、別の構築案が出てきたので雑にですが公開します。誰かこの構築使ってあげてください。

 

経緯

 以前使っていた構築のウルガモスの鬼火→氷zリフレクレヒレでガルミミ、リザグロス、ギャラクチなどを詰ませる動きが楽しかったのでまた使ってみたいと思っていた。

 氷zレヒレは崩し性能が全くないため瞑想リフレクレヒレを使っていたが、レヒレを終盤の詰めで展開するためリフレクターの味方にかかる恩恵が少ない、4ターンという縛りが想像以上にシビアに感じた。ポケモン徹底攻略を眺めてみると鉄壁なる技を覚えるのを知り鉄壁瞑想型に変更した。

 取り巻きは普段使い慣れたポケモンを適当に組み込んでいった結果思ったより構築としてまとまった。

 

 

メガボーマンダ 

無邪気 H4 A156 B4 C132 S212

流星群大文字恩返し身代わり

または

臆病 H4 C252 S252

ハイボ放射身代わり羽

(ロムによって変更)

   

ギルガルド

意地っ張り HA252  S4 ゴーストz

シャドークロー影打ち聖剣剣舞

または

おっとり CS252 D4 気合いの襷

シャドーボール聖なる剣影打ち毒毒

(ロムによって変更)

 

カプ・レヒレ

図太い H244 B100 C20 D4 S140 半分実

ムンフォ熱湯鉄壁瞑想

 

臆病 H244 B172 C4 D68 S20 半分実

放射蝶舞鬼火羽

 

ポリゴン2

生意気 HD252  奇石

恩返し冷ビトリル再生

 

グライオン

慎重 H244 A44 D252 毒玉

地震ギロチン羽挑発

 

 S14もあと2週間少しですね。ボスラッシュも決まったようですしもう少しレートがインフレしてくれたらうれしいです。あともう少し皆さん頑張りましょう(`・ω・´)👍

 

トリックホリック(最終1809 22位)

  battle spot singleにてrating battleしかしていないと友人から思われがちな私ですがトリックホリックという非常に面白そうなルールの大会が開催されるということで参加してみました。

 

 

  使用可能リストを見ると私の好きなポケモンであるウルガモスグライオン(ついでにシザリガー)が使えるとのこと。新規育成する必要もなさそうでボックスの寄せ集めだけで出れそうだったのもgood point.。

 

 使用したのがこちら

 

f:id:Diorama:20181029164653p:plain 

(マーシャドー無しなの評価ください笑)

 

  

   

ウルガモス@拘りスカーフ  炎の体

f:id:Diorama:20180313141805g:plain

控えめCSぶっぱ

炎の舞/虫のさざめき/とんぼがえり/寝言

 

 

   

シザリガー@気合いの襷  適応力

f:id:Diorama:20180313145730g:plain

意地っ張りASぶっぱ

アクアブレイク/はたき落とす/アクアジェット/ハサミギロチン

 

 

 

グライオン@毒毒玉  ポイズンヒール

f:id:Diorama:20180417170610g:plain

慎重HaD

じしん/岩石封じ/ハサミギロチン/羽休め

 

  

 

ドヒドイデ@黒いヘドロ  再生力

f:id:Diorama:20181029172859g:plain

図太いHB

熱湯/黒い霧/自己再生/トーチカ

 

 

 

ミミッキュ@ミミッキュZ  化けの皮

f:id:Diorama:20181026112439g:plain

意地っ張りHaB

じゃれつく/影うち/トリル/呪い

 

  

 

サザンドラ@アクZ  浮遊

f:id:Diorama:20181029172922g:plain

控えめCS

悪の波動/身代わり/挑発/奮い立てる

 

  

 結果

 

1日目  4-3

2日目 16-0

3日目  4-0  

 最高最終レート1809  最終22位

 

 

f:id:Diorama:20181029164905j:plain

 

 

f:id:Diorama:20181106133303j:plain

 雑な考察と適当な個体にしてはよい結果でした。パーティロックした後にデンジュモクがやばいことに気づいたのでデンジュモク入りには仕方ないので全試合サザンドラで釣り交換してました(全部通った)。構築は弱かったですが使えるポケモンが好きなやつばっかだったので結構楽しかったです。

 

 

 トリホリ初日に行われた部内の同ルールの大会でマーシャドーの特性がテクニシャンであることを思い出すなど直前までガバガバでしたが大会ではわりと勝てて良かったです。またこういう特殊ルールの大会があれば出てみたいものです。

 

 

 

 

f:id:Diorama:20181027161847j:plain

(サムネ用)