少年の日の思い出

ポケットで潰れたウルガモス

HD両刀トリルポリ2

  先日ある方からHDトリル再生ポリ2のトリルと電磁波の差別化点について質問され、自分としても考えがまとまっていない所もあったため文章として残すことにしました。なので単体考察とかではないです。タイトル詐欺ごめんね。

 

 

ポリゴン2    

f:id:Diorama:20190430151723p:plain

↑かわええ

 

努力値:H244 D252 余りはどこかに

   

攻: アーゴヨン Lv.50
防: ポリゴン2 Lv.50
ダメージ: 163〜193
割合: 85.3%〜101%
回数: 乱数1発 (6.3%)

役割対象に対しての被ダメージがギリギリなので基本的に振り切るのが安定だと思います。

 

 

特性:ダウンロード(推奨)

+1恩返しの火力、S操作技のある関係でダウンロードが主流かと思います。

 

技構成:恩返し、冷ビ、再生  (電磁波orトリル)

 

  最後の枠が選択で電磁波、トリル(又は放電)などだと思います。私は7シーズンくらいずっとトリル採用のポリ2を使っているのですが、世間的には圧倒的に電磁波が多いようでトリルの採用は少ないように感じられます。

  最初の項で電磁波とトリルの差別化について言及しましたが、以下に(主観的に)各メリットをまとめてみました。

 

 

  電磁波採用

1.麻痺バグによる受けの成立のしやすさ

積み技などを持たないが瞬間高火力を出す相手(リザyなど)に対しては特に有効です。S下降補正と言えども電磁波が入れば上から再生連打が可能になったり、バグ待ちなどポリ2の受け性能が比較的に上がります。

 

2.裏とのシナジー

麻痺バグにより裏の身代わりもち(グライ、マンダ)のハメなどの戦法をとれます。

 

 

3.役割対象外への誤魔化し

メタグロスクチートテッカグヤなど鋼に明確に不利をとるポケモンに対して後出し際、または対面で役割放棄気味に電磁波を入れる立ち回りが可能です。

 

 

トリル採用

1.切り返し性能

  電磁波では見るのが怪しい瞑想コケコ、ウルガモスアーゴヨンデンジュモクなどに対してトリル+裏込みで役割を持てます。トリルのS操作のおかげで裏込みと言っても”裏の誰でもいい”というのがミソで、上の崩しアタッカーをポリゴン2+”特定の誰か”で見る必要がないため選出を縛られる必要がないのは強力です。

  また単純にこのポケモンの+1恩返しは対高速アタッカーに対してはかなり火力が出るのでトリル後にこいつが2タテ、3タテすることもザラです。

 

2.裏とのシナジー

  電磁波とは別ベクトルのシナジーです。私がよく行っているのが、終盤に裏の中速アタッカーをトリル下で動かす立ち回りです。レヒレ、ガルドなどの初手性能が高いポケモンを初手展開し、ポリゴン2のトリルで終盤再展開するという立ち回りが可能になります。

 

3.被弾回数の減少

  電磁波の麻痺バグにも似たようなことが言えますが、ここでいう被弾回数の減少というのは意味が変わってきます。

  例えば、こちらHPフルのラス1ポリ2、相手は特化すてみマンダ、裏に格闘Zボルトロス(両方冷ビ圏内という状況)とします。このような状況で捨て身被弾→トリル展開→上から冷ビ×2で裏のボルトロスの攻撃を被弾せずに、マンダボルトの両方を倒せます。具体例として挙げましたがこういう場面はかなりレートで頻発するため、これもトリル採用の大きな利点になります。

 

 

 

 

電磁波、トリルの差別化点と冒頭に申しましたがこれは先に挙げたメリットの1番に該当するのではないかと思いました。

 

A  対積み技のないが瞬間的な火力を出すポケモン

例)テテフ、リザy、フルアタゲンガーetc...

電磁波・・・麻痺バグや場合によってはSが逆転するため体力管理をしながら安定して突破できる。何かしらの事故でポリ2が死んでも裏で処理しやすい。

 

トリル・・・安定的に見ることは難しいが一応の受けは成立する。仮にポリ2が事故死してもそれを見越してトリルの展開などをして入れば裏込みで処理は可能。

 

 

B 対積み技を持ってポリ2を崩せるポケモン

コケコ、アーゴヨンウルガモスetc...

 

電磁波・・・電磁波が通らなかったりS上昇で麻痺が実質無効のケースがあるため、これらをポリ2を絡めて見る場合は選出段階でポリ2+”特定の誰か”と選出する必要がある場合が多く選出を縛られやすい。

 

トリル・・・裏込みでの処理という面では変わらないがこちらはトリルによりほぼ確実にS関係を逆転できるため選出段階でポリ2+”誰か(電磁波と違って誰でもいい)”と選出できる。つまり選出段階で選出が縛られにくい。

 

 

Aに挙げたポケモンを相手どった時には電磁波採用、Bに挙げたポケモンを相手だった時にはトリル採用に軍配があがることが分かります。

  これが差別化点に当たるのではないでしょうか?電磁波採用は安定した受け、トリル採用は崩しへの抵抗など意外と強く見れる範囲が変わってきますね。

 

文章力のないオタクなので日本語おかしいとこなどあったとは思いますが読んでくれた方はありがとうございます。