陰キャ大学生日記

あいつら全員party people

【S10 最高最終2119(最終20位) 真皇杯本戦ベスト6 】 ~pulloverと愉快な仲間たち~

  初めましての方は初めまして、じおらまと申します。今期はハイパーデフレということもあり結果を出せるか不安でありましたがなんとか2100を達成できました。構築についてですが、弄ったのは技構成くらいで調整などは前期とほとんど変わってないので調整意図などは前期の記事を参考にしてもらいたいと思います。

   構築名ですが自分は無名のプレイヤーですが自分の大好きなこの並びが少しでも自分を象徴できればという願いをこめてこのようにつけました。プルオーバーという名前はkey talkからとっています。ダサいね。

 

f:id:Diorama:20180710085401p:plain

 

 

(以下常体)

 

 

 

構築経緯

 メガメタグロスポリゴン2グライオンゲッコウガミミッキュから構築はスタート。前期使用構築をベースに欠陥を埋めれるように組んだらこのような並びになった。中盤で2000を達成したがいまいちパワーが出なかったり、ギャラドスが重すぎたりしてサブロムが中々勝てなかった。

 真皇杯で持っていく構築なため半端な完成度のものは嫌だったため結局自分の中で一番完成度の高いと思っている前期使用構築の型を一部変更して潜ることに決めた(この並びが個人的に好みというのもある(笑))

 

 

 

(パーティコンセプト)

 

・運勝ちする(運負けしまくった)

 

・攻撃を受けつつ、蝶舞やトリックルームによる攻めへのスイッチを行う

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180312013213g:plain

メタグロス@メガ石
性格:陽気
特性:硬い爪
実数値:167(92)-185(156)-171(4)-112-130-178(252)
アイアンヘッド/アームハンマー/岩石封じ/ステルスロック

 

 

 とっても弱そうな技構成。全知全能の頭脳を持ちながらただ頭突きするだけの鉄くず。

 

 ステルスロックは主にメガリザードンYカプ・テテフ意識。岩技持ちのメタグロスが今期は激増したためリザードン対面でカバルドンバックされ岩技によるeasy winがしにくくなったと感じた。そこでカバルドンバックされてもステルスロックによる削りを行えるようになった。ステルスロックが一度入ってしまえば裏のポケモンでも処理がかなりしやすくなったので採用してよかった。

 

 

 恩恵はそれ以外にも、単純にステルスロックを撒いた後のグライオンポリゴン2などによるサイクルを有利に行えること、パーティできついキノガッサに対して後発に置かれていたとしても襷を削れることなど。

 

 

 岩石封じはある日TLでリザードンのSラインのアンケート結果を見たとき耐久振りがほとんどいないという結果だったため岩雪崩から変更した。次耐えられたら岩雪崩に変える。

 

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180417170610g:plain

グライオン@毒毒玉
性格:慎重
特性:ポイズンヒール
実数値:177(212)-121(44)-145-×-139(252)-115
地震/岩石封じ/ハサミギロチン/羽休め

 

 

 二番目に好きなポケモングライオン。調整、技構成ともに前期の流用。

 

 カバルドンに対してだけはほぼ9割でギロチンを一発で当ててくれたがテッカグヤに対しては8回打っても当たらないみたいなことが多かった(なんで?)。

 

 

 ポリゴン2と組んでサイクルするのがとても強かった。

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180508150646g:plain

ポリゴン2@進化の奇石
性格:生意気
特性:ダウンロード
実数値:192(252)-100-111(4)-125-161(252)-72
恩返し/冷凍ビーム/自己再生/トリックルーム

 

 

 HP実数値192の適当個体。九州予選の決勝のスクリーンでHP偶数なの見られてとても恥ずかしかった。

 

    パーティコンセプトの受け→攻めへのスイッチをトリックルームにより可能にする。個人的な認識だがこいつはアタッカーよりの受け。

 

 カプ・コケコと初手対面で10万ボルト麻痺から二連痺れで無償突破された時は泣いた。

 

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180313140247g:plain


カプ・レヒレ@氷Z
性格:図太い
特性:ミストメイカ
実数値:175(236)-×-176(196)-124(68)-151(4)-106(4)
ムーンフォース/なみのり/リフレクター/黒い霧

 

 前期の流用。

 

 唯一のZ枠だが効果が全回復するだけというのが如何にも構築のパワーの低さがうかがえる。2000より上の試合では異様に選出率が高かった。

 

 バシャーモを受ける枠だが横にボルトロスがいれば出す気が失せるためバシャ入りには基本出さなかった。

 

 よくカミツルギにヤンキー突っ張りしたが、対面で拘ってるくせにはたき落とすを打ったりしてくるのでeasy winしまくった。

 

 

 

f:id:Diorama:20180508232154g:plain

 

ギルガルド@気合の襷
性格:おっとり
特性:バトルスイッチ
実数値:135-170-153-222(252)-171(4)-112(252) (ブレード&シールド時)
シャドーボール/影打ち/聖なる剣/めざめるパワー氷

 

 

唯一の変更枠、前期はゴーストZで使用したが今期は襷に変更。変更のメリットだが、

 

・構築上ほぼ初手に出てくるメガゲンガーに対して襷による突破or交代すれば複数回行動できる。

 

・きつかったメガボーマンダギルガルドに対して出し方を間違えなければ1.5体以上持っていける。

 

の苦手な初手のステロ要員(主にランドロス)に対して、ステロをまかせるが襷を残して突破orステロを撒かせない立ち回りができる。

 

このような感じである。この構築をみて襷ガルドは本当に警戒されないので3ターンキルなど余裕でかました。

 

オニゴーリメガバンギラスが相手にいれば襷を残す立ち回りに気を付ける。

 

 

 

ウルガモス@マゴのみf:id:Diorama:20180313141805g:plain

性格:臆病
特性:炎の体
実数値:191(244)-×-107(172)-156(4)-134(68)-135(20)
炎の舞/蝶の舞/羽休め/鬼火

 

 一番好きなポケモン。真皇杯では本戦だけで有効急所で2回負けに導いた戦犯である。

 

   どちらかというと積んで抜くという動きよりサイクル参加させる役割の方が多かった。

 

 このウルガモスについてだが途中以下のような型を使用した。

 

持ち物:ノーマルZ 

性格:穏やか
特性:炎の体
実数値:191(244)-×-110(196)-156(4)-138(4)-128(60)

炎の舞/破壊光線/蝶の舞/羽休め

 

 

見ただけでは滅茶苦茶弱そうな構成で使ってたのだがこれがびっくり。尋常じゃなくつよかった。

 

 炎の体と羽休めによる最低限のサイクル性能、ステロ+ノーマルZの縛り範囲の広さ、超耐久による圧倒的に広い起点範囲、高速再生技によるガン起点性能や体力管理性能。

 

 調整の余地は沢山あるが是非騙されたと思って使って欲しい(耐久ラインは普通の鬼羽で使った時の流用で過剰なため恐らくSラインとCラインは上げたほうがいい、あと別構築はこの調整でマゴのみ鬼羽で使っていたが臆病の調整より強かったのでオススメ)。

 

 メガガルーラミミッキュが重くなったため渋々採用は見送ったがスペックはあると思っているため是非来季以降このポケモンを生かせる構築を組んでいきたい。

 

 

まとめ

 見てもらったら分かるようにメガ枠の技構成の汎用性の低さやZ枠が補助Zであることによって構築的なパワーは相当低い(一番勝率の高かった選出がギルガルドポリゴン2 グライオン から3体選んだメガ、Z未使用の選出だった)。

 

 

   しかしその反面レートにおいては最終順位は20位とかなり良く、レート2027あたりから無敗で上げることができた。真皇杯では九州予選準優勝、本戦ベスト6と良い結果を残せた。

 

   自分で推敲しながら使い慣れた並びの唯一無二の強さを知ることができた。

 

 

    自分は地雷的なポケモンが好きなのだが、あまりそれに固執せず来期はそのポケモンのスペックをできるだけ生かせるような並びを考えていきたい。

 

 

 

(以下敬体)

 

 

 簡単にまとめただけですが見ていただきありがとうございました。前期は最終31位で目標としていた30位以内に入ることができませんでしたが今期はそのリベンジを果たすことが出来ました。

 

 今期は相当早い段階でサブロムを見限ったため1ロム特攻となりましたが安定して勝てて良かったです。

 

 またUSUMでは初の瞬間1ページ目に入ることができました

f:id:Diorama:20180710210236j:plain

(最終日前の日曜日の21:30の順位)

 

 最終日の早朝3時30分の更新の段階での順位が9位で、恐らくこのまま保存しても最終30位には入っているだろうと考え最終日は一戦も潜りませんでした。最終日特有の強者やffの方とのマッチングラッシュに参加できなかったのは残念でしたがTLを見て楽しませてもらいました(最終日バイトで帰宅が2時頃だったので疲れてたのもあります)。

 

 またサークル内でも今期は2100越えが三人出たりと非常に良いこと尽くめでした。

 

   真皇杯についてはオフレポを近いうちに書く予定なのでそこで詳しく記載します。この並びで日本のトップ6に入れて本当によかったです。

 

 

 

最終30位以内の目標は達成できたため来季以降は溶かすのを恐れずに2150を狙っていければと思います。それではまた会いましょう^~。

f:id:Diorama:20180710205738j:plain

 

最高最終2119 TN プルオーバー