陰キャ大学生日記

あいつら全員party people

【S9 最高最終2142 2ROM2100達成 第4回真皇杯九州予選準優勝】~火炙り頭突きギロチン拷問の刑~

どうも、お久しぶりです。最近所属サークルの語彙力の低下を危ぶんでいます、じおらまです。

 

今期はうまくインフレの波に乗ることができ、最高レート更新、2ロム2100、3ロム目に友人のQRパを使って2000を達成という自分にしてはかなり良い結果を残すことが出来ました(あと部内の竜王戦のトーナメント大会で5連勝で優勝しました笑)。

 

構築のベースは前期使用して2000止まりだったシザリガー入りのメタグロスのスタンパをベースに改良しました(ただしシザリガーは野生に帰りました、二度と使いません)。

 

前期は攻めの構築ですが今期はゴリゴリのサイクル構築です。

 

 

 

f:id:Diorama:20180509152030p:plain

 

(以下常体)

 

 

パーティのコンセプト

 

・主役のを生かす構築を組む。

 

 

・特定の構築にeasy  winする(今回のカモは分身及びイーブイバトン)。

 

 

・サイクルを回しながら30パーセント(炎の体、アイヘ、ギロチン)を複数回押し付けて確率的なアドバンテージを得る。構築名の由来、深夜のノリです許して...

 

 

 

(以下個別紹介)

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180312013213g:plain

メタグロス@メガ石
性格:陽気
特性:硬い爪
実数値:167(92)-185(156)-171(4)-112-130-178(252)
アイアンヘッド/冷凍パンチ/岩雪崩/毒毒(地震

HB:特化ランドロス地震87.5%耐え

 

   前期の流用。構築の軸。

 

   前期使っていたメガメタグロス軸の結果が微妙だったためリベンジとしてまたこいつを軸にした。

 

   岩雪崩がドヤ居座りしてくるメガリザードンYにぶっ刺さって大量のeasy winを勝ち取れた。

 

   リザ検定を放棄しているのでリザードン対面は再戦でリザXと分かっているとき以外はノータイム岩雪崩。メガリザードンYなら爆アド、メガリザードンXでも雪崩の命中と合わせて27パーセントで行動不能、4回に一回は勝てて個人的に悪くはない数字だと思っている。

 

  毒毒はどうしても構築がスイクンで詰むので止む無く採用したのだが、意外と有効な場面が多く使用感は良かったので採用してよかったと思っている(最終日に一度も遭遇しなかったためラスト数戦だけ地震に変更)

 

   ミラーで有利な型でもないので最速にする意味は多分ないが調整を変えるのが面倒臭い。

 

 

 

 

 f:id:Diorama:20180313141805g:plain

ウルガモス@マゴのみ

性格:臆病
特性:炎の体
実数値:191(244)-×-107(172)-156(4)-134(68)-135(20)
炎の舞/蝶の舞/羽休め/鬼火

S:最速70族抜き


HD:C147カプ・コケコの電気Zを93.2%耐え

 

  C211メガリザードンYの晴れ大文字、C222ギルガルドのZシャドーボール、C157ハイドロポンプ、これらを全て確定耐えしマゴの実確定発動。

   

         C222メガゲンガーのヘドロ爆弾96.9%2耐え

 (後出しでも毒を非考慮、又はミストフィールドで回避できれば起点にできる)

 


HB:A112力持ちマリルリの鉢巻アクアジェットでマゴのみが確定発動


  A177メガガルーラの猫だまし→親の捨て身でマゴのみ確定発動

 

       A197メガルカリオインファイト86%2耐え

 

 

   いつも使ってるやつ。軸はメガメタグロスだが主役はこの子。

 

   実は性格が穏やかのかなり自信のある調整の個体を用意していたのだが、構築にの上を取れるのが少なかったので臆病個体。

 

   これはこれで自慢の調整なのでまぁよし笑

 

   鬼火はできる限り交代読みでうつ。

 

   D方面も厚くしてるので、ダメージ計算の通りカプ・コケコくらいまでの等倍高火力アタッカーなら対面で無理やり舞える。

 

   使ってる時気をつけてるのは、炎の体の思考回数を稼ぐために出来るだけ役割対象に対しては半減技を読んで後出しすること(グライオンメガメタグロスの冷凍パンチを誘って繰り出すなど)。

 

   相手にウツロイドがいても炎の体発動のサンドバックになれるため平気で選出する。

 

   積みエースにもなれて、鬼火+高速再生技を生かして、ポリゴン2グライオンカプ・レヒレ などと合わせて受けループまがいのことをして相手を詰ませるなど相手によって動かし方を変えれるのも強い。

 

   このポケモンは本当にお気に入りなので今度簡単に単体考察とか挙げたい。

 

 

   たまにメガルカリオメガガルーラメガメタグロスから岩投げつけられてサレンダーするがそこもご愛嬌。

 

 

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180417170610g:plain

グライオン@毒毒玉

性格:慎重

特性:ポイズンヒール

実数値:177(212)-121(44)-145-×-139(252)-115

地震/岩石封じ/ハサミギロチン/羽休め

 

 調整はテンプレ

 

 ギルガルド 入りのサイクルをギロチンで無理やり崩す枠。

 

   電気、地面の一貫を切れる優秀なポケモン

 

   岩石封じはリザードンボルトロス に対して安定行動になる。

 

   特にボルトロスには、めざ氷耐え→岩石封じ→めざ氷読みメガメタグロスバック→上から冷凍パンチでほとんど対応できた(どうせ冷凍パンチだけでは耐えられるので岩石封じ+冷凍パンチが恐らく最安定)。

 

 

   羽休めは岩石封じのS下降と合わせてめざ氷に対して居座れたり、サイクルを回す回数を増やすため採用。

 

   ギロチンはオタクを切るため、ワンチャン掴むため採用。

 

 

   18連でギロチンを外した後5回連続でギロチンを当てて運が収束することを教えてくれたポケモン

 

   当てなきゃ負ける場面ではよく当ててくれたが、一回でも当たれば勝てるという時には一発も当ててくれないお茶目。

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180508150646g:plain

ポリゴン2@進化の奇石

性格:生意気

特性:ダウンロード

実数値:192(252)-100-111(4)-125-161(252)-72

恩返し/冷凍ビーム/自己再生/トリックルーム

 

HD:C179アーゴヨンの+2流星群Z93.8%耐え

 

 

    環境に蔓延るゲッコウガに再安定のため現環境でかなり強いと個人的に思っている。HPの実数値がこれで困ったことはない。

 

   トリックルームが有効な場面が非常に多かった。

 

   例を挙げれば、積み展開(アーゴヨンメガギャラドス など)に対してトリルで切り返しながらこいつ自身がエースになって恩返しで詰めたり、ギルガルドをトリル化でエース運用したり、がトリルラストターンで上から蝶の舞→トリル切れてS+1の状態で上から行動する、等々。

 

   全体的にSが遅いパーティなのでこのパーティでは必須だと思う。

 

   仮にこいつが倒れてもトリックルームを貼って仕事ができとても強力な駒だった。

 

 

  2100チャレでラス1メガゲンガーとの対面で気合い玉4連で避けてオーバーキルして笑った。

 

  

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180313140247g:plain

カプ・レヒレ@氷Z
性格:図太い
特性:ミストメイカ
実数値:175(236)-×-176(196)-124(68)-151(4)-106(4)
ムーンフォース/なみのり/リフレクター/黒い霧

C:ムンフォでH4ギャラドス確定三発

HB:A216メガボーマンダの+1捨て身タックルを93.2%耐え

 

  A189メガボーマンダの恩返し98.9パーセント2耐え

 

  A233メガバシャーモの雷パンチ95%2耐え

 

   前期の流用。

 

   リフレクと氷Zで過労死しにくいのが強かった。

 

ポリゴン2と組み合わせて積み構築に出したりする。

 

の鬼火→リフレク+黒い霧でミミッキュメガガルーラメガギャラドスなどの積み技持ちの物理アタッカーを完全にシャットアウトできて受け選出をする上で協力な駒になった。

 

   全人類半分回復実警戒で発動圏外になるように殴ってくるのでそこは頭に入れて立ち回った方が良いと思われる。

 

 

   黒い霧はコンセプトであるギミック構築にeasy win するため採用。

 

 

 

 

 

f:id:Diorama:20180508232154g:plain

ギルガルド@ゴーストZ

性格:意地っ張り

特性:バトルスイッチ

実数値:153(140)-112(252)-170-×-171(4)-94(108)

シャドークロー/影打ち/聖なる剣/剣の舞

 

S:無振り 70族+4

 

 

 

 構築の最後に入ってきた迷走?枠。努力値の振り方ミスって4余ってる。

 

   この枠はメガバンギラスだったりミカルゲだったりしたが最終的にこの子になった。

 

   採用理由は崩しを行えて、メガゲンガーに不利をとらないこと。

 

メガメタグロスメガルカリオ だけで見る必要がなくなり選出の幅が広がるのも非常に強かった。

 

   たまにポリゴン2トリックルームから全抜きエースになって3タテかます偉い子。

 

   耐性がメガメタグロスと被り気味で採用を渋っていたのだが鋼枠を状況に応じて変えれたり、鋼2枚という強力な選出ができるようになるので悪くはないと思う。

 

   申し訳程度のオニゴーリ対策。零度の思考回数は2回くらい稼がれるが気合いで避ける。

 

 

 

 

基本選出

vsルカリザ(例メガリザードンYメガルカリオボルトロスミミッキュ

 選出メガメタグロス@1

 

 

 

 vs対面構築(メガガルーラミミッキュ@3)

 選出メガメタグロス@1

 

 

 

vs積み(例アーゴヨンメガギャラドスメガハッサム@3)

 

 選出ポリゴン2カプ・レヒレ

 

 

 

vsトリル(ポリゴン2メガクチートミミッキュ@2)

 

 選出メガメタグロス@1

 

 

 

vs分身バトン(ラティオスジャラランガピクシー

 

 選出カプ・レヒレメガメタグロスギルガルド 

 

 

vsカバマンダガルド(メガボーマンダギルガルド@3)

 

 基本選出なし、気分次第。基本負けます。 

 

 

 

vsメタグロス軸(例メガメタグロスカプ・レヒレ  @3)

 

選出ギルガルドポリゴン2@1

 

 

 

vs受け回せそうなパーティ

ポリゴン2グライオンカプ・レヒレ

ここから3匹

 全員高速再生技持ち(カプ・レヒレは諸説)で受けまわせば勝てそうなとき、火傷で物理アタッカーを機能停止させくるくるサイクルを回して勝つ。こういう選出ができるときは大体勝てる。

 

 

 

 

 重いポケモン

 

スイクン メガヘラクロスジャローダメガバンギラスカミツルギデンジュモク  シャンデラ オニゴーリ 

 

騒いでくるポリゴンZはひっくりかえっても無理。

 

 

(以下敬体)

 

 

 後書き

 

 最終日はメイン2112、サブが2072からスタートでした。サブから潜っていたのですが2100の壁を4往復しながら2000後半をずっとウロウロしていてこのままではラチがあかないと感じ、メインの2112ロムを午前4時ころから動かし始めました。そこから良マッチングで2連勝し2142まで伸ばすことが出来ました!まだ上げようかとも思いましたが最後の試合があまりに良い試合だったため、この試合でS9を締めくくりたいと思い保存することとしました。

 

 

 最後に、対戦してくれた方、3ロム目の構築を快く貸してくれたぱるみちん君、最終日に僕の宅で夜通しレートしてくれたミカルゲ君、すしゃみちん君、3ロム目をDSごと貸してくれたリアルの友人(ポイマ3つ勝手にもらいました、ありがとう)、応援してくれたサークルのメンバー、ありがとうございました!

 

 

また記事書くときに会いましょ~

f:id:Diorama:20180515052934j:plain

 

  メイン 最高2142 最終2142 TN プルオーバー

 サブ 最高2112 最終2071 TN pullover