陰キャ大学生日記

あいつら全員party people

【S8最高2031最終2005 2ROM2000】ザリガニ入りグロススタン

お久しぶりです。HNじおらまです。S8お疲れさまでした。今期は2期連続の2100を目標としていましたが、正直かなり勝てないシーズンでした。一応レート2000という自分の中での及第点は突破したため反省という意味も含めて簡単にですが構築記事を書こうと思います。構築経緯ですがシーズン序盤でつかっていたポイヒガッサ入りの中堅ポケのサイクルがあまりにもメタグロスに追加効果ひいて負けることが多かったため、「ならば自分も使ってやろうと、グロスを軸としました」。一応グロス入りの構築にありがちなサイクル要因+崩し枠という形になっています。以下が並びになります。

 

f:id:Diorama:20180313153411p:plain

 

(以下常体)

 

f:id:Diorama:20180312013213g:plain

メタグロス@メガ石

性格:陽気

特性:硬い爪

実数値:167(92)-185(156)-171(4)-112-130-178(252)

アイアンヘッド/冷凍パンチ/岩雪崩/草結び

 

特化ランドロス地震87.5%耐え

最速

(あしゅさんの調整を使わせてもらっています)

 

 

 構築の軸。初めて使ったが運勝ちした試合多すぎて正直引いた。技構成は色々迷っていたが、パーティで重いポケモンに対応させた結果このような構成になった。結果として環境に依然として多かったカバリザテテフに死ぬほどeasy winできたりと悪くなかったと思う。ウルガモス、リザYに対しては岩雪崩を一回も外さなかったのが偉すぎた。

 

 

f:id:Diorama:20180313135424g:plain

ランドロス(霊獣)@拘りスカーフ

性格:意地っ張り

特性:威嚇

実数値:165(4)-216(252)-110-×-100-143(252)

地震/岩雪崩/トンボ帰り/馬鹿力

 

ASぶっぱ

 

 電気、地面の一貫を切れるサイクル要因。初めて使用したが流石のスペックだった。強かった。あまり語ることはないと思う。

 

 

f:id:Diorama:20180313140247g:plain

カプ・レヒレ@氷Z

性格:図太い

特性:ミストメイカー

実数値:175(236)-×-176(196)-124(68)-151(4)-106(4)

ムーンフォース/なみのり/リフレクター/黒い霧

 

C:ムンフォでH4ギャラドス確定三発

残りHB

HB:A216ボーマンダの+1捨て身タックルを最高乱数除いて耐え

 

 

 バシャーモゲッコウガギャラドス受け兼ギミック対策。リフレクターと氷Zのおかげで積みポケを含めた物理ポケの役割集中に耐えれるようになる。特に飛行Zギャラドスに対して後出しからほぼ勝てるのが強かった。ミミッキュギャラドスはリフレクターを見たあとも悠長に積んでくるのでそこに黒い霧をうつと脳汁が出てくる。後述のウルガモスの鬼火で物理ポケを焼いてからこいつで詰ませるのはこのパーティの勝ち筋のひとつ。不意の草Zは卑怯なのでやめてください(死んでしまいます)。イーブイバトンに100%勝てるのも偉かった。

 

 

f:id:Diorama:20180313141805g:plain

ウルガモス@マゴのみ

性格:臆病

特性:炎の体

実数値:191(244)-×-107(172)-156(4)-134(68)-135(20)

炎の舞/蝶の舞/羽休め/鬼火

 

最速70族抜き

HD:コケコの電気Zを最高乱数除いて耐え(スカーフ10万で上から叩かれつづけても起点にできる)

余りHB

HB:A特化鉢巻きマリルリアクアジェットでマゴのみが確定発動

  陽気メガガルーラの猫だまし→親の捨て身でマゴのみ確定発動

  (この動きで76%で炎の体発動)

 

 

 僕の大好きなポケモン。ガルミミやグロス入りの対面構築やポリクチにeasy win するポケモン。自慢の調整。ランドロスの威嚇とんぼと合わせることでガルミミに対しての安定感を保てた。草Zのゲッコウガバシャーモあたりにレヒレが飛ばされた場合、ガモスに対しての有効打はないと判断しこいつで舞っていた。型バレしているのか激流ゲッコウガが舞ったターンに後出しされることが多々あったがD+2の状態で激流未発動のカノンZで全然落ちないので、後出しの激流ゲッコウガは起点にできる(頭おかしい)。弱点としては相手のヒードランウツロイド絡みのサイクルに全く圧力をかけられないことだが後述のアーゴヨンでそれらは崩せていた。

 

 

f:id:Diorama:20180313143934g:plain

アーゴヨン@オボンのみ

性格:臆病

特性:BB(ビーストブースト)

実数値:176(220)-×-94(4)-162(116)-107(108)-163(60)

ヘドロウェーブ/大文字/めざ地/悪巧み

 

 

S:最速ミミッキュ抜き

C:BBでSブースト調整

残りHD

HD:変幻無補正ゲッコウガの冷凍ビーム最高乱数一個除いて耐え

  カプ・コケコのめざ氷オボン込み高乱数3耐え

HB:無補正A特化メガマンダの恩返し確定耐え

 

 崩し1。ロトムやレボルトなどの電気全般が重いので採用。Sを落として耐久に振ったアーゴヨン。最終日前日まではCSベースのチョッキだったが流星群を打つ場面があまりになく悪だくみが欲しくなったのと、Sが必要ない場面があまりに多かったためSをがっつり落とした悪巧み型とした。結果としてヒードラン絡みのサイクルを楽に崩せたりと変更は大正解であった。調整はHからDに割いて特殊耐久によせてもいいかもしれない。

 

 

f:id:Diorama:20180313145730g:plain

シザリガー@悪Z

性格:意地っ張り

特性:適応力

実数値:155(132)-184(220)-106(4)-×-76(4)-94(148)

かみ砕く/はたき落とす/アクアジェット/剣の舞

 

 

S:無振り70族+4

HD:無振りポリ2のアナライズ放電確定耐え

余りA

 

 崩し2。選出画面中段左にいた存在感を放つポケモン。別に愛着があるとかではなく、パーティの補完枠として採用。パーティのラス1枠に求められていた条件が、

ウルガモスの起点にならず、ストッパーになれる

グロスに出されるギルガルドクレセリアテッカグヤに対して裏にも一貫する技を打てる崩し要因

・先制技持ち

・受けルに対して強い

・Z枠

全部満たしたのが奇跡的にシザリガーだった。実際クレセドランやカバウツロカグヤに対しては余裕の3タテをかましたりした(相手のクレセが貼ったトリルで剣舞悪Zで上からメガヘラとばしたときは流石にびびった)。悪Zの理由は単に一貫性が高いため。クラブハンマーを切ってるが必要と思った場面は一切なかった。クラブハンマー読みで出される耐久草を読まれない悪Z(1.7%)で吹っ飛ばすのは快感だった。調整は適当だがHの分を全部Dに回してもいいレベルだと思う。最終日で対戦してくれた方のリプでシザリガーめっちゃ警戒してたという方が多くて嬉しかった。誰か強い調整下さい。

 

重いポケモン、並び

草Z(バシャとかゲッコウガ)・・・卑怯。

メガゲンガー・・・グロスとレヒレがおやつにされる。

オニゴーリ・・・呪いや滅びの切り返し手段がない、起点を作らせない立ち回りをする。

ギルガルド・・・ノーリスクでひけるポケモンがいない、きついポケモンだがシザリガーと対面をつくれば逆に相手のサイクル崩壊を狙える。

グロス、ガルーラの岩技・・・ガモスが出オチする。

フェアリーZカプ・コケコ・・・誰も受けられない

 

まとめると役割破壊がきつい

 

(以下敬体)

見ていただきありがとうございました。今期はメインを2000に乗せたのが最終日前日、サブを2000に乗せたのが最終日のお昼ごろで、メインは保存でサブをずっと動かしていたのですが、なかなか勝つことができませんでした。結果こそは振るいませんでしたが今まで使ったことのないポケモンの可能性を知れたりと意義のあるシーズンだったと思います。TNプルオーバー、pulloverで対戦してくれた方ありがとうございました!

f:id:Diorama:20180313155416j:plain