陰キャ大学生日記

1限には行かない

【S6最高最終2057&2rom2000達成】マンダやめてバトン構築

こんにちは、HNじおらまです。今期はSM最終シーズンということでモチベがかなり高く、サブロムを購入したこともありかなり対戦に集中できたシーズンでした。

 早速構築についてですが、序盤に少し対面構築を触ってみたのですが積み構築頭の僕には到底使いこなせなかったので、いつもの積みリレーでいこうと思いました。ただ毎回のごとくステロ撒いてチュインチュイン(剣舞)やゴゴゴゴォォォ(龍舞)するのも飽きてきたので、今回は積みで勝ちを狙うものの、ややギミックの色が強いバシャバトンを使ってみようということになりました。

 

 

f:id:Diorama:20171110135609p:plain

 

こちらが並びになります。以下個別解説です。

 

 

f:id:Diorama:20171023005901g:plain

バシャーモ@マゴの実

性格:腕白

特性:加速

実数値:184(228)-140-132(236)-×-90-106(44)

剣舞/守る/バトン/フレドラ

 調整はバトンバシャーモと打ってヒットしたのを採用。ガブの地震をいい乱数で耐えます。

 

 構築の肝。HBなので非常に積みやすくバトンせずともフレドラ1ウエポンで3タテすることがとても多かった(特にバシャをドヒドイデでみてくる構築には後述のミミッキュドヒドイデを倒してバシャを通していた)。余談ですがバシャを最速でしか使ったことがなかったため1加速で抜けると思って守るを使わなかったために相手に上を取られて負けるというのを1800に乗るくらいまでやり続けた。

 

 

f:id:Diorama:20171023013238g:plain

ギャラドス@メガ石

性格:意地っ張り

特性:威嚇→型破り

実数値:175(36)-194(252)-100(4)-×-121(4)-128(212)

               175(36)-227(252)-130(4)-×-151(4)-128(212)

竜舞/地震/滝登り/氷の牙 

 1加速でゲッコウガ抜き。Aぶっぱ

 

 数値の暴力。僕は基本毎シーズン積み構築を使っていますが、積みポケの多くはミミッキュで止まってしまうため、ミミッキュで止まらないこのポケモンは積み構築ではとても重宝する。メガギャラドスに対してABミミッキュ(1舞滝登りを耐える)で切りかえそうとする相手に対して剣舞バトンによるA+2滝登りで絶望させることができミミッキュ入りの対面構築などに非常に刺さりがよかった。バトンを失敗しても適当に1回舞えば勝てたりする頭おかしいポケモン

 

 

 

f:id:Diorama:20171023015727g:plain

カミツルギ@悪Z

性格:意地っ張り

特性:BB(ビーストブースト)

実数値:135(4)-228(52)-152(4)-×-83(252)-154(196)

剣舞/辻斬り/聖剣/リフブレ 

 

準速霊獣ボルト抜き Dぶっぱ 残りをA多めに振り分け

  A+3聖剣でHBポリ2をステロ込みでほぼ確定

 

  バトンエースその2。ギャラドスが止まってしまうナットレイ、水妖、ポリゴン2に滅法強いので採用。バシャーモが剣舞したターンによくレヒレなどが後出しされバトン先のこいつが特殊技を被弾するためDぶっぱ。ここまでDに降ったことにより相手の振り方によってはアシレーヌのわだつみ+アクジェさえも耐えれるため相手の戦略を大きく崩すことができ非常に強かった。ダメージ計算でポリゴン2に対してA+3で計算している理由だが、カミツルギが基本的にバトンしたターンに水妖勢との対面になる事が多く、そいつらを餌にBBでA+1され剣舞込みでA+3になるため。BBを発動して全抜きしていくのは非常に爽快であり、こいつがバトンエースになっていたのはあまり相手には読まれてなかった印象。最低限の汎用性を保つために準速101族抜きにしているがバトン以外で使ってないので実数値151(S+2でスカーフコケコ抜き)まで落としていいと思う。

 

 

 

f:id:Diorama:20171023171534g:plain

カバルドン気合の襷

性格:腕白

特性:砂起し

実数値:215(252)-112-187(252)-×-93(4)-67

地震/欠伸/ステロ/吠える(吹き飛ばし)

 

思考停止HBぶっぱ

 

 地雷枠その1。元々はHDオボンを使っていたが、先発起用しようとしても相手の不意のZを恐れ選出することができなかったのでHBにして襷を持たせて、行動を確実に1回(物理相手には2回)できるようにした。これが今構築にうまくはまり、パーティで重たいゲッコウガに対して対面で

1 砂ダメで襷を削る

2 欠伸を入れて流す

3 水Zor草Zであれば消費させれる

という仕事ができた。相手の見せ合いにゲッコウガがいればほぼ確実に先発で出るのでカバルドンを初手においた。初手ゲッコウガでカバ展開を阻害できると思っている相手に対して無理やり欠伸ループを行えるのが強み(挑発は無理)。イーブイバトンパに対してはバトンエースが呪いミミッキュ対策のピクシーとかであれば襷でアシパを耐えて吠えるを打ってサレンダーさせたりもできた。

 

 

f:id:Diorama:20171027012958g:plain

カプ・テテフエスパーZ

性格:臆病

特性:サイコメイカー

実数値:167(172)-×-112(132)-151(4)-136(4)-154(196)

サイコキネシス/リフレクター/光の壁/挑発

 

準速100族抜き

メガバシャのフレドラ確定耐え

陽気マンダの捨て身を最高乱数以外耐え

 

 所謂信用可能テテフの調整で技構成を壁貼に特化したもの。メジャーなメガ進化ポケモン、例を挙げればガルーラ、リザードンボーマンダバシャーモに対してのタイマン性能を持ったまま後続の起点作りを行える。鋼枠を選出誘導しバシャーモの起点を増やす+サイコフィールドの展開が主な役割。対面不利なはずのギルガルドに対しても壁貼なりゴーストZを消費させるなりブレードフォルムに対してエスパーZ打ったりとむしろ誘ったうえで仕事ができる。地雷性能はそこそこあるので地雷枠1.5()くらい。

 

 

f:id:Diorama:20171027020136g:plain

ミミッキュ@ラムのみ

性格:陽気

特性:化けの皮

実数値:159(228)-110-104(28)-×-125-162(252)

まとわりつく/呪い/鬼火/挑発

 

HP:16n-1

グライオンなど意識で最速で残りをB

 

地雷枠その2。今まで自分が作った育成個体のなかでもトップの変態構成。バトンの障害になるドヒドイデに対しての最終兵器。100%選出されるドヒドイデに対して後出しからまとわりつくを入れてキャッチして呪いと挑発を打って1-1交換を する。基本後出しミミッキュに対してドヒドイデは確実に居座ってくるので選出された試合は全部ミミッキュで処理していた。バシャをドヒドイデでしか見れない構築(例を挙げればヤミヌケループ)などはこいつでドヒドイデを処理しバシャーモを通してeasy winできる。他にもキノガッサカバルドンに対して鬼火と挑発を入れてバシャにつないだり、害悪、バトン構築に対してもかなり性能が高い。性格は陽気だがまとわりつくのダメージとか元々雀の涙なのでイカサマ対策に臆病が良い。ぶっちゃけめっちゃ強いと思うんで構築を選ぶもののおすすめのポケモン

 

(追記)まとわりつくを物理技と勘違いして記事を書いてました💦

性格は臆病一択になります!

 

基本選出

・先発要員+バシャーモ+バトンエース

これが90%。適当にバシャで剣舞バトンしてバトンエースにつないで全抜きする。先発要員はカバルドンドヒドイデがいればバトンを無理やり通すためミミッキュゲッコウガ入りやステロを撒きたいときはカバルドン。マンダ入りでバシャのバトンを安全に通したいときは壁を貼れるテテフ。こんな感じで先発要員は選んでいた。

 

・先発バシャーモ+バトンエース2枚

残り10%の出し方。バシャーモが出し負けすることが少ない場合エース2枚で積みリレー的な動き方をする。

 

カバルドン+ギャラドス+カミツルギ

相手のパーティがカバマンダ+水妖のような完全にバシャーモに対して殺意むき出しの場合の選出。カバが襷を持ってたりカミツルギのsが遅かったりと個々の汎用性が低いため2,3回くらいしかこの出し方はしたことないし信用もしていない。

 

 

重たいポケモン及び並び

 

ボーマンダ軸・・・選出にマンダがいただけでも嫌なのに裏にポリ2なりナットなりギャラストッパーがいるとゲロきつい。バトンエースがギャラドスだと裏の数値受けに止められ、カミツルギだとマンダの目の前でバトンした際被弾する攻撃で振り方によっては1発でもってかれる。負け試合の半分はマンダ軸といっても過言じゃない(よくこれで2ROM2000いけたなとは思う)ポリ2はギャラドスで怯みワンチャン。

 

ポリゴンZ・・・積まれた瞬間終わり。

 

ゲッコウガ+裏にとんぼ持ち・・・カバルドンで作った欠伸ループを無理やり脱出され裏のポケモンのとんぼでカバを倒された後ゲッコウガ出されたら誰も受からないので終わり。これで負けたの1回だけなんでまぁ何とかなるでしょう(適当)。

 

挑発テテフ・・・初手カバルドンから入ってテテフと対面したときは祈りながら欠伸を押す。

 

ミミッキュ・・・ステロ撒いてないと無理。

 

スカーフコケコ・・・ギャラは3加速。カミツルギは2加速必要なので結構シビア。

 

エーフィ・・・先発要員がほとんど仕事できない+バシャーモが対面で舞えない。個体数的に無視。

 

~使用感~

 自身初のバトンパであったが、バトンが決まったときの爽快感が半端ではなく癖になってしまった。ただ終盤は上位勢のメガボーマンダ入りの受け志向のサイクルやカバ展開のメタ(挑発を持った対面構築のゲッコウガ、またはテテフ)が辛く本当に勝てなくなってしまった。パーティの軸のバシャバトン展開は前シーズン結果を出された方のアイデアなため弱いわけがなかったのだが、自分が相性の悪い構築に対しての裏選出を用意していなかったためこれ以上レートを上げることができなかった。反省点はとても多い。

 

f:id:Diorama:20171106134928j:plain

画像は最高レート更新時

 

メイン 最高2057最終2057 TN ゆーさく

サブ  最高2037最終1932  TN vivi

 

あとがき

今期は2romを使って交互にレートを上げていたため、あまりストレスをためずに潜ることができました。序盤から潜り続けたおかげでかなり早い段階で2000に乗せれ念願の1ページ目にも乗せることができました。終わってみるとよくこんなんで勝てたなあと思う構築ですが一応前期の最高2051を更新できたのもあるし、また最終日のTLの盛り上がりのなかレートができてとても楽しかったです。悔しかったのはきゅーぽけのある先輩と同じ時期に2ROM2000を達成して、その先輩にレート勝ちたいなあと思ったのですが出来なかったことですね(ちなみに今期だけで4回マッチングして3回負けました)。USMではレート2100を目指して頑張りたいと思っています。SM最終シーズンお疲れ様です。マッチングしてくれた方ありがとうございます!!USMでも頑張りましょう!!